トップページ > 民宿 田沼

店名の由来
 

江戸時代の相良町には相良城があり城主は有名な田沼意次でした。

せっかく民宿を始めるのだから土地柄もあわせて縁起のいい宿名にしたくて
田沼意次の「田沼」をいただきました。


  ※名前を使わせて頂くために田沼意次の子孫の方に了承をいただきました。
 
店主 西谷紹介
  小さい頃から家の手伝いをしていましたので、料理学校を卒業し家業に入りましたが、若い頃はオートバイに夢中でした。あまり夢中になりすぎたのを見かねた家族や友人から 「オートバイは危ない」とアドバイスされ、安全なサーフィンを始めました。
以前は国内外のサーフポイントに出かけていましたが、最近は忙しくなってきたために昔ほど 波乗りが出来なくなりました。
長い間サーフィンを続けていた事でたくさんのおいしい料理に出会う事ができました。 田沼の料理は、南国の家庭料理など国内外で出会った美味しいお料理が献立に並ぶ事があります。
また、サーフィンを通じて相良町の有志が作るSSBに加わりサーファーや海釣りなどの海のトラブル処理を行っています。
せっかく海に来たのだからトラブルなく楽しく遊んで帰って欲しいという気持ちがいっぱいです。だから、 海で困った事があればぜひ声をかけて下さい。
海や山で遊ぶ事が大好きなので、地元で遊べるスポットなどをお客様に教えています。例えば、 地元の人も知らない野池でバス釣りが楽しめます。湖と違うバス釣りを楽しんで見ませんか?
(写真は我が家のアイドル"永吉"と!)
 
SSB(Save Sagara Beach)
  相良町には海難救助チームが2つあり、1つはボートを使って救助をするチームと ボートが近づけない場所(テトラポットなど)へサーフィンを使って救助するチームが あり、SSBは後者のチームです。
海の安全を守りたい地元のサーファーが有志で集まり活動しています。
  チームの活動は・・・
  海難救助のほか月1度の海岸清掃。
  少なくなってきている砂浜を元に戻そうと現在がんばっています。

 

   
Copyright TANUMA All Rights Reserved.